ルミガン まつ毛

ルミガンでまつ毛育毛したい方必見!!ルミガンの基礎知識!

まつ毛を長く、太く、濃くしたいと、ほとんどの人が思うはずです。まつ毛は顔の印象を決める大事な部分。だからこそ、マスカラやつけまつげ、まつ毛エクステなどで、少しでもまつ毛を長くしようとする方が多いです。

 

でも、マスカラやつけまつげ、まつ毛エクステはまつ毛に負担をかけて弱らせてしまいます。そこでメイクなしでもまつ毛を育毛することができるまつ毛ケアが最近注目されているんですよ。

 

なかでも、まつ毛の育毛剤「ルミガン」は多くの人が興味を持っている人気の商品のようです。
医薬品なので薬局やドラッグストアでは買えません。
使用には医師の診療が必要だということは覚えておいてくださいね。

 

ルミガンは、緑内障の点眼薬の成分、ビマトプロストに、まつ毛を長くする作用があったことを利用して
製品化されたラティースという薬と全く同じ成分でできています。
緑内障の薬として製造されているので、ラベルには、緑内障と記載があります。

 

ルミガンを使用した人の多くが、一か月くらいで効果を実感して、
二か月ほどで、満足できたとの結果があるくらい効果は絶大のようです。

 

ルミガンに含まれているビマトプロストは、まつ毛のヘアサイクルにアプローチし、
まつ毛が生えてから、伸び続ける成長期を長くすることができます。
成長期が長くなることで、まつ毛は長く、太く、濃く、なるのです。

 

 

ルミガンの使い方

ルミガンの使い方は、まつ毛美容液のように単純なものではありません。

 

まず、洗顔をします。メイクはしっかり洗い落とすことが重要です。
次に、付属のアプリケーターにルミガンを、一滴落とします。
ルミガンを落としたアプリケーターを、上まぶたのまつ毛の生え際に、塗布します。軽く湿れば大丈夫です。
最後に、周りについた余分な液を拭き取ります。

 

アプリケーターは、片目ごとに新しい物を使いましょう。
感染症予防のために使い捨てなので使いまわしは厳禁です。

 

薬ということで少し使用の際には緊張してしまうかもしれませんが
慣れれば大丈夫。まつ毛ケアを毎日の日課にしましょう。

 

また、気になる副作用ですが、
臨床検査で安全性は証明されているとのことです。

 

まれにかゆみや充血、目の乾き、瞼の黒ずみ、違和感などの副作用が報告されているようですが
全臨床モニターの3,8パーセントということなので副作用が出る可能性も低そうですね。

 

まつ毛にダメージを与えずに、長く、太く、濃くしたいという人は、
まず医師に相談してみてはいかがでしょうか。

 

ルミガンは医薬品でちょっと怖い…という方は
こちらのまつ毛美容液 人気ランキングとかを参考にするのも
いいと思います。

 

まつ毛美容液はるみ癌よりは安全性があるので一度チェックしてみてくださいね。